西宮校(11/13)

未分類

西宮校

本日は珍しく、「止める」「蹴る」の技術のトレーニング!!

いつもトレーニングしてるドリブルの技術はもちろん、この止める、蹴るの技術もサッカーには欠かせない技術です。

狙ったとこに蹴れないと、そして飛んできたボールが思ったところにコントロール出来ないと、ボールを失ってしまいます。

ドリブルとは確かに違う技術ではあるのですが、考え方としてはドリブルと似ている部分もあります。

まずボールを浮かす、飛ばす上で大切なのは「摩擦」。じゃあどうすればボールと地面に摩擦が起こってボールが飛ぶのか。

下から上にすくうのではなく、上から下に擦る。というイメージです。

もっと細かいイメージではいうと、親指で右下から左下に擦り下ろすイメージ。(左利きの場合は逆)

でもただ摩擦をかけようとしても足だけを振り下ろす事になってしまいなかなかボールにパワーが伝わらない…

そこで大切なのは体重をかけること。

まるでボールを蹴っていないかのように自然にボールに走るように蹴れていればそれはしなやかなキックと言えます。

ここが少しドリブルとも考え方が似ています…

あとは、コントロール!!

ボールへの足の当て方で「摩擦」をコントロールする。厚く当てるのか、薄く当てるのか…

どの位体重をかけるのか、歩くぐらいなのか、ジョギングぐらいなのか…

ここは感覚!!とにかく蹴り込んで感覚を磨くのみ!!

まあたまにこういう練習も挟んでいこう!

トラップもまあドリブルとキックと一緒やね!また機会があれば書こうと思います!

お疲れ様でした!

永田大空

関連記事一覧